2013年10月06日

中之条ビエンナーレ

本日は中之条ビエンナーレに行って来ました。

http://nakanojo-biennale.com

まずは中之条の商店街周辺から見学。
IMG_5524.jpg

IMG_5527.JPG

IMG_5533.JPG

IMG_5530.JPG

IMG_5537.JPG

IMG_5545.JPG


2010年に六合村と合併したので本日は六合村ゾーンまで行ってみましたが、
町内とは思えない距離〜〜。車で1時間かかりました。

IMG_5557.JPG

IMG_5564.JPG

IMG_5572.jpg

IMG_5573.JPG

アートも面白いですが新たな発見もありました。
戦争中に鉄鉱石を輸送する為、長野原から太子までをつないだ太子線。
1945年から1963年の鉄山閉山後の1971年に廃止された太子駅。
今回、初めてこの駅の歴史と存在を知りましたが、
現在は駅の施設の一部のみが残っています。
IMG_5558.JPG

IMG_5553.JPG

季節に取り残された蝶がふわりと舞い降りて野の花にとまっておりました。
IMG_5554.JPG

200年前に建てられた「湯本家」
幕末の蘭学者、高野長英を匿った「長栄の間」が残されております。
IMG_5589.JPG

IMG_5588.jpg

斜面に立っている事もありますが、なんと3階建ての土蔵造りの家です。
この家の中にもアート展示されており中に入る事が出来ます。
むき出しの梁は200年の歳月、この家を支えて来たのかと思うと、
家そのものに何か宿っているような重みが〜〜。

「湯本家」のまえにとまっていた、すすきのバッタ。
これはアーチストさんではなく、六合村の方が作ったものだそう!
IMG_5591.JPG

集落の中のあちこちで見かけるこの小さな小屋は何かと思えば「ゴミ置き場」でした。
村の雰囲気を壊さない、粋な計らい!
IMG_5587.JPG

新たな発見もたくさんあり、紅葉の始まる美しい集落の散策を楽しみました。
10月14日まで開催中です。
IMG_5579.JPG

IMG_5581.JPG

IMG_5586.JPG

IMG_5584.JPG

IMG_5593.JPG








posted by naejo at 22:03| Comment(10) | TrackBack(0) | 日記

2013年09月10日

ハラダ・書 美術展

no-title

ハラダ書美術展の賞状と賞品が本日届きました。
本日のお稽古から随時、皆さんにお渡しいたします。
結果は既にお伝えしておりますが、再度ここに発表いたします。


審査員特別賞 児島 成美 中2
推薦     内田 蒼大 小2
特選     滝沢 百花 小3
特選     内田 朋花 中1


何と言っても賞品にラスクをいただきますので、
子供さん達は大喜びです!


ガトーフェスタハラダと関係者の皆様、
出品に際しましてお世話になりました。
感謝いたします。

posted by naejo at 16:09| Comment(4) | TrackBack(0) | 苗の会

2013年09月01日

8月の短歌

写真.JPG

秋立つと言へど暑さは窮まりて 背に落つ汗の一筋を愛づ



今日から9月となりましたが暑さがまたぶり返している。
暑い夏はうんざりだけれども夏の終わりは少し寂しい。
出かける用事があり炎天下を歩いていると背中に伝わる汗を感じて、
暑さの中で汗をかけることは、健康の証のように思えて心地良く、
往く夏を惜しみました。


8月は短歌を1日1首作りに挑戦してみました。
毎日、何か感じているはずだが、
これを歌にするとなると難しいし苦しい。
それでも常に歌を作ろうとする癖付けにはなった。
日々の細かい変化を感じて、長くて貴重な楽しい経験でした。
同じ題材で重なる歌もありますが、
なんとか30首できたのでここにご紹介!




書の展示行事となりて恙無く終われば我に夏の風吹く
歴史ある酒蔵(さかぐら)ひとつ幕を閉じ酒林(しゅりん)早や消へ通り静まる
コンビニの消えし跡地に新しくまたコンビニの立つも時代か
はがゆさも学びの道と見守りぬ「ひよどり」と書く幼なの筆の
ハーブティ都に住みし友あればカモミールとて贈りくださる


カモミールとふ茶の香り届きたり都会に住みし友の便りと
牛の目の潤みて我を見つめたり生かされし我生かす牛とや
トラックに積まれて行きし牛の目の潤みて哀し我を見ておる
アドベンチャーなるや揃ひの装ひに身を包みたる父子の夏旅
漸くに訪れ来る夏季休暇猫我に和し大欠伸する


寝ころびて我が夏季休暇満喫す我微睡(まどろ)めば猫欠伸する
蒼き海浮きつ沈みつする舟は束の間遥か沖合にあり
海鳥は波と戯れ吹く風にストローハットの少女輝く
せせらぎを素足に遊び高き空見上げるかなた鳶(とび)の舞ひ飛ぶ
幼き日我も遊びし四万川は今静まりて遊ぶ子も無し


せせらぎの音は昔に変わらねど古き吊り橋訪ふ人も無く
吹く風に身を委ねたる風知草その名の如く風を友とす
肩寄せて怪談話する子等よ現世(うつしよ)の闇見ぬままでゐよ
草叢に覆はれ尽くす石段は何処(いずこ)に続く闇を抱きて
山峡の蕎麦屋の暖簾風に揺れ黙して啜る父子(おやこ)連れあり


戯れに笹舟ひとつ浮かべたり晩蟬(ひぐらし)は鳴く夏も終はるや
戯れに笹舟ひとつ流したり故郷の川蜩の鳴く
軒下に動かぬ薄羽蜉蝣の羽透かし見る上弦の月
秋立つと言へど暑さは窮まりて背に落つ汗の一筋を愛づ
この年も暑さは常を裏切りて亜熱帯かと紛(まが)ふこのごろ


朝露を集めて玉を置く蓮の葉陰を揺らす風ややに吹く
勝敗を分(わか)つ最後の一投に魂(たま)込め祈る高校球児は
今朝の雨燃ゆる大地を宥(なだ)めしか素足で歩く床心地よし
秋の雨爪弾く蜘蛛の銀の糸なにがな愉し我くちずさむ
美の森を抱へ静まる公園は人も疎らに夏は逝くらし(上野公園にて)



今日も暑いにゃ〜!

写真 1.JPG


写真.JPG






posted by naejo at 11:14| Comment(2) | TrackBack(0) | 短歌

2013年08月22日

風知草

写真 1.JPG


吹く風に身を委(ゆだ)ねたる風知草 その名の如く風を友とす



最近の夕立は風が強く雨の量も多くて、
おまけに雷もついてくる。
そんな台風のような風雨の中でも、
しなやかに身を委ね、その騒ぎがおさまれば、
まるで何も無かったような涼しげな姿に戻っている風知草。
その名の通り風を知り尽くして友としているようだ。
出来る事ならこんな風に生きたいものだ。




本日は高校野球の決勝戦!
群馬県初出場の前橋育英高校が決勝戦まで進んで、
にわか野球ファンの私も、テレビかぶりつきで応援している。
連日の猛暑の中、素晴らしい活躍だ。応援団の方も大変だろう。
こうなったら育英高校に優勝してもらいたいが、どちらにも拍手を送りたい。
高校野球は熱くて、爽やかで、少し切ない。


写真 2.JPG


写真 3.JPG




ナイトサファリ満喫中の上州の黒豹!!

写真 4.JPG


写真 5.JPG


室内で猫らしくちんまり!

写真 1.JPG


全く性格の違う兄弟。不思議〜〜。




posted by naejo at 13:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 短歌

2013年08月18日

階段(怪談)話

写真 1.JPG

草叢に覆はれ尽くす石段は 何処(いずこ)に続く闇を抱きて



山道をドライブしていると、ふと横に細い階段が草に覆われている。
この階段は何処に続いているのだろうか?
闇の先には別世界があるような、、、なんて。


真夏とはなんとなくホラーめいた匂いがする。
昨日、子供達の怪談話を書いたが、
私は恐い話にとても弱いしとても恐がり。
しかし困った事に興味を持つと聞かずにはいられないのだ、、、。
そして夜中に思い出して聞かなければ良かったと後悔する。
しかし幸い霊感もないらしく、今まで幽霊に出会った事も無い。


ただ夏になると思い出すが、昔会社に勤めていた頃、
深夜まで会社で残業していると、二人しかいないオフィスの倉庫から、
もう一人の同僚を呼ぶ声が聞こえた。
「◯◯さ〜ん」と女性の声ではっきりと。
そして倉庫を調べに行ったがもちろん誰も居ない。
そして同僚の彼女は
「ごめん私のせいだ。私霊感強いからしょっちゅうあるの」
と平気な顔で言う。
霊感の強い彼女はとんでもない才女でしたが、
そんな彼女が淡々と語る体験は、
夏の夜を充分ひんやりとさせてくれた。
彼女はどうしているだろうか。

私自身が体験したのは今のところこんな事だけ。
できればこれからも体験したくはないけれど。



昨日の夕方は休んでいたウオーキングを復活。
暑いけれど、風は少し涼しくなったようだ。
少しづつ秋に近づいているのだろうか。


写真 2.JPG


写真 3.JPG



posted by naejo at 14:18| Comment(4) | TrackBack(0) | 短歌

2013年08月17日

怪談話

写真 1.JPG


肩寄せて怪談話する子等よ 現世(うつしよ)の闇見ぬままでゐよ




ただいま、苗の会のお稽古は夏休みで2週間ほどおやすみです。
子供達はそろそろお休みの後半で夏を満喫しているだろう。
休みに入る前皆さんに、
「休み中に何か面白い事があったか教えてね」というと、
「たとえばUFO見たとか?そしたらママの携帯借りて写真撮るね」という。
「そうだね、そしたらご褒美券10枚出しちゃおうかな〜」
「先生、幽霊っているん?」
「いると思うよ〜」
「サンタクロースは?」
「いると思うよ〜」
そこで子供達、意味有りげな大人っぽい表情で、
「いると思ったほうが人生楽しいもんね」


そして真剣な怪談話に突入!
キャーキャー言いながらも楽しそう。


お化けや幽霊がこの世の中で一番恐ろしいと、
いつまでも思っていてほしいような気もするが、
いつかは現世にも闇があると知る時がくるだろう。
しかしその闇を遠ざけて明るい道を探す強さを身につけてほしい。


夏休みが明ければきっと真っ黒に日焼けして、
少し大きく逞しくなってお稽古に来てくれるだろう。
楽しみにしています。




少し涼しい玄関で買い物バッグを陣取るニャンコ達。

写真 5.JPG


写真 1.JPG


写真 2.JPG


ねぇ、ねぇ、どいてくれませんかにゃ!

写真 4.JPG


い〜や〜にゃ〜〜。

写真 3.JPG







posted by naejo at 12:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 短歌

2013年08月15日

四万川

写真 1.JPG


せせらぎを素足に遊び高き空 見上げるかなた鳶(とび)の舞ひ飛ぶ




先日実家の近辺を散策し、
四万川の甌穴群のある河原に降りてみた。
甌穴とは、川の渦巻き状の流れにより石や砂が同じところを回り、
川底の岩盤と接触して浸食されてできた丸い穴。
数万年もの年月を経た自然の産物で、
深いところは水深4mにもなるらしい。


関東地方は連日40度越えの日々が続いており、
いつもはあまり人気の無い川岸に素足で水遊びをする人々もいた。


私が子供の頃、この川の下流は夏の格好の遊び場で、
毎日通い泳いだり沢ガニを捕ったりした。
今は川で泳ぐ子供はほとんどいないらしい。
危険だからだろうか。
川は冷たくて変化があって楽しいのに。


私も思わず靴を脱ぎ、素足を浸し束の間の涼を堪能しました。


写真 2.JPG


写真 1.JPG


写真 2.JPG


写真 3.JPG


写真 5.JPG


写真 4.JPG




ニャンコも暑くて転がってばかり。

写真 1.JPG


写真 3.JPG


写真 2.JPG

お目めぱちくりん。

posted by naejo at 08:57| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

2013年08月13日

夏旅

写真 2.JPG

アドベンチャーなるや揃ひの装ひに 身を包みたる父子の夏旅


ただいま夏休みまっただ中で、
道路は渋滞、電車も満員のニュースが飛び交っている。
いつもはビジネスマンが慌ただしく交差している駅も、
家族旅行らしき人が多い。
その中にまるでインディジョーンズのような揃いの服を着た親子(だろう)がおり、
お父さんは息子との二人旅で切符やジュースを買うのに一苦労の様子。
息子はそんなお父さんを少し心配げに、でも嬉しそうに改札の前で待っている。


暑くても混んでいても、夏休みはやはり楽しい。



昨日は「群馬教育書道展」出品の塾長による反省会を行いました。
今年の結果や反省点、来年に向けて指導のあり方、
今後の展開について熱く語り合いました

写真 1.JPG


あまりにも白熱して食事の写真を撮り忘れました。デザートをパチリ!

写真 3.JPG


今後は群馬県展への出品、
素心会(手本無しでの創作が眼目の会)、
皎短歌会(自詠自書の会)の活動についてや、
書道会の研修などの情報交換もあり有意義な一時でした。


皆様、お疲れさまでした。
師匠、ありがとうございました。





posted by naejo at 10:04| Comment(3) | TrackBack(0) | 短歌

2013年08月08日

夏の夜

写真 3.JPG

秒針の音只管(ひたすら)に聞く真夜は 己(おの)が心の脆(もろ)さ知りたり



夏の寝苦しい夜には何度も目が覚め、
猫達も寝苦しいのか「何とかしてくれ〜〜」と
言わんばかりに夜中に私の頭を突いて起こすのだ。
そうこうしている間にすっかり眠るタイミングを逃してしまい、
すっかり目が冴える。
眠らなければと思うとよけいに焦って秒針の音がカチカチと響く。
そんな時は何だか弱気な事を考えたりして自分の脆さを知るのです。


写真 1.JPG

夏の日の陽炎(かげろう)のごと揺れ動く 心持て余す我の生(あ)れし日



先月誕生日を迎えましたが、
気がつけば更年期に突入するような年齢になっておりまして、
自分でも驚きました、w
ホットフラッシュも体験しいつも風呂上がりのようなのぼせ状態でしたが、
8月に入ってからパタリとその症状が治まりました。

横になれば3分で眠れる体質だったのが不眠症になり、
上はその時の歌です。
暗い歌は載せるのを控えておりましたが、
只でさえ更新はカメペースなので今後はupしちゃいます。

更年期も個人差があるようで、終了とは思えませんが、
漢方薬などもいただいて今のところ絶好調!
なんとか乗り切りたいものです。




ムー猫の涼の取り方。


氷の入ったお皿に顔を突っ伏して寝る。

写真 1.JPG


買い物から帰ったばかりの冷えたクーラーボックスに詰まる。

写真 4.JPG


注)良い子は真似しちゃだめだよ〜!





posted by naejo at 14:44| Comment(2) | TrackBack(0) | 短歌

2013年08月06日

向日葵

写真 2.JPG


向日葵(ひまわり)に梅雨の戻りの雫あり 束の間の涼吸ひて開きぬ



今年は梅雨明けが早かったけれど、
そんな年は夏になってから「戻り梅雨」という雨が多くなるらしい。
雨が多くて、夜も今のところ涼しいけれど天気予報では、
来週から猛暑が到来するようだ。
出来ればその予報ははずれて欲しいと思うばかりだ。
昨年の向日葵は強い日差しと水不足で立ち枯れていたが、
今年はこの雨で鮮やかに咲いている。



ニャンコも涼しくて嬉しそう。


一家の主、ムー猫。朝刊は一番に読む。

写真.JPG


父ちゃんの晩酌につき合うムー猫。
氷を撫でながら「猫も大変なんだよ〜、年中毛皮きてるしさ〜」
とかぼやいていそう。

写真 2.JPG


お醤油のかげから鯖塩を狙うが全見えで成功した事は無い。

写真 3.JPG


ムーちゃん、あんまり商品名だしちゃ駄目だよ。


posted by naejo at 13:41| Comment(4) | TrackBack(0) | 短歌