2016年01月23日

ガラスペン

IMG_7050.JPG


君の名を書けば掠(かす)れし玻璃(はり)のペン ブルーインクの瓶の冷たさ



友人がガラスペンをプレゼントしてくれた。
色も形も美しく光をうけて表情を変え、影さえも幻想的に揺れる。
インクは変化の出やすい濃いブルーのボトルインクを選ぶ。
こんな繊細なペンで書くのは君への手紙。


けれど遠い日の思い出のように君の名は掠れてしまう。
あれはブルーのボトルインクのように、
指に触れるガラスペンのように、
冷たく繊細な恋だった。
やはり手紙は出さずにおこう。


玻璃のペン指に伝はる冷たさも 君の想い出今は懐かし


ガラスとは壊れてしまう恐怖とその美しさが共存して
何とロマンチックなのでしょう。
ガラスペンからフィクション短歌が出来上がりました。
お歌は妄想力!想像の産物の場合もあります。



今回友人からプレゼントしていただいて実は始めて使ったガラスペン。
自分から購入しようと思わなかったのは嗜好品のような存在であり、
ガラスというイメージから書き味がカリカリするのではないか?
との先入観もありました。正直、割れてしまう素材は実用性では無いとも。
しかし全く滑らかな書き心地でさらに面白いのは、
毛筆の墨継ぎ同様にインク継ぎをしたところでインクの濃淡が出て、
線に表情がでるのでその趣を楽しむことが出来ます。


色気はありませんが、、、天声人語の書き写しをして見ました。
赤い部分がインク継ぎした部分。
一度の吸い上げでかなり持ちます。

IMG_7055.JPG


なにぶん、ガラスペンはこの一本だけなので
ガラスペン同士の比較はできませんがかなり書きやすい。
こちらはガラス作家 川口剛さんの作品だそう。



ついでなのでほかの筆記用具について
万年筆もパイロット、セーラー、LAMYなどなど

IMG_7053.JPG


セーラーの「ふでDEまんねん」ペン先が反り返っており、
紙に当てる角度により筆のような太さの変化を出せますが多少のコツが必要です。
ネーミングにもクスリ。

IMG_7054.JPG


筆ペンはやはり書道用品メーカーの「くれたけ」製が書きやすい。

IMG_7052.JPG


しかし今の所、一番使用頻度が高いのはこれ!
パイロットデスクペン。お値段も千円以内でお手頃です。

IMG_7051.JPG


すべて私の主観による感想です。
結局のところ、
どんな筆記用具でも使いこなせる腕を磨くことが一番なんですが。
良い機会でしたので記しておきます。

こんなゆるい更新ペースですが今年もよろしくお願いいたします。




posted by naejo at 13:59| Comment(4) | TrackBack(0) | 短歌

2015年10月02日

アサギマダラ

IMG_5333.JPG

暮坂の峠を後にてふてふは 風受けて今ひらり舞ひ立つ




今年も中之条ビエンナーレが開催されております。
9月12日〜10月12」日まで。
http://nakanojo-biennale.com
私も先月のシルバーウィークに2日かけて足早に全てのエリアを回りました。

アートもさることながらお天気にも恵まれ、秋闌の里山を満喫!
暮坂峠の『花楽の里」にて、アサギマダラという蝶のマーキング調査を
されている方に出会いました。
羽の白い部分がほんのりとアサギ色なのが名前の由来らしい。
調査で忙しそう合間にお話を伺うと、
この蝶はこれから南方、鹿児島方面へ移動するとのこと。
最長は台湾で発見された蝶もいるのだそうです!

太陽の光も透かして眩しい薄く儚げな羽で、
海を渡るとは、なんというロマンなのだ。
などと感動しておりましたら、一匹の蝶に私もマジックで
番号と場所と日時と私の名前を記入させてもらいました。
その番号の蝶が再捕獲されたら、連絡をして下さるそうです。

なんとか無事に南方へたどり着いてもらいたいものです。

IMG_5109.JPG


IMG_5112.JPG


第5回目の今年は参加アーチストさんも増え、
更に充実したイベントになりつつあると感じました。
一ヶ月の期間、地元の方はボランティアで受付や駐車場の案内、
清掃をされているそうで毎回、頭が下がります。


アートの様子。

IMG_5011.JPG


IMG_5015.JPG


IMG_5039.JPG


IMG_5045.JPG


伊参エリアの山間部で山法師が撓わに赤い実を付けていました。

IMG_5069.JPG


アート?の一部となり寿司ネタになってみました。
変色したネタでまずそう・・・w

IMG_5003.JPG


イノシシにも!義姉とわたしwww

IMG_5077.JPG


日常には無い異空間で思わずはしゃぎました。
10月12日まで開催中です!

posted by naejo at 14:04| Comment(2) | TrackBack(0) | 短歌

2015年07月11日

梅雨の晴れ間

IMG_3573.JPG


文月を十日も過ぎて漸くの 梅雨の晴れ間に竿の賑はひ



7月に入ってから10日の今日、漸く晴れの一日だった。
梅雨とはいえ毎日よく降るものだとあきれていたが、
7月の9日までの日照時間は関東ではたったの20分だったらしい。

そういうわけで、今日は洗濯機がフル回転!
ご近所のベランダにも物干竿は所狭しと賑わっていた。




さて、群馬教育書道展の作品も佳境です。
小学生はほぼ終わり中学生を残すのみとなりました。


FullSizeRender.jpg


普段、小学生のクラスや長い作品の稽古時は教場に入って来ない猫達ですが、
夜のクラスの休憩時間には時々自分でドアを開けて入って来ます。
女子中学生に抱っこされて頭とお腹と肉球を撫でられてご満悦のシマヲ。


FullSizeRender.jpg


中3のお姉さんと向き合うムラヲ。


IMG_3388.JPG


そろそろ終わりが見えて来てようやくお茶タイムをゆっくりとれました。
泣いても笑っても、来週で最後です!まだ終わらない方、がんばろー!


posted by naejo at 01:36| Comment(2) | TrackBack(0) | 短歌

2015年06月07日

紫陽花

IMG_2853.JPG


昨夜(きぞ)の雨町の芥(あくた)を清めしか額紫陽花の青深みゆく




金曜日の夜は久しぶりの雨、それも大雨だった。
ちょうどその頃外に出ていた私は靴も服も
びしょ濡れになってしまった。
しかし雨不足で野菜が育たないと農家のかたが嘆いていたので、
これで少しは解消されただろうか。

次の日は空気がひんやりとしてとても爽やかな朝だった。
町の埃や塵も雨で一掃され木々の緑も透明感が増したよう。
道野辺には紫陽花が瑞々しい紫を際立たせておりました。



ニャンコもご機嫌。

FullSizeRender.jpg


IMG_2671.JPG


夏限定。ペットボトルから直飲みのムラヲ氏。
もはや猫とは思えぬ形相!!!

IMG_2670.JPG



posted by naejo at 14:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 短歌

2015年04月23日

北陸新幹線開通

IMG_1918.JPG


平成も四半世紀を過ぎし今日 近くなりたり北陸の地は
(2015.3.14 北陸新幹線開通)



先月の3月14日に北陸新幹線が開通した。
群馬県の高崎も通過駅となり1時間強で行ける。
金沢や富山、福井は群馬県からは便が悪く、
10年程前に車で行った時にも片道4〜5時間かかり、
兼六園に来るのは最初で最後かも、と思った記憶がある。
しかし群馬は新幹線も高速道路もどんどん開通して、
とても便のいい立地となった。

ついこの間、昭和から平成に変わったばかりのような気がしていたが、
気がつけば27年!四半世紀を超えてしまった。
便利な時代の流れに乗り、2度目の兼六園に行こうと思う。




そしてこの歌が4月21日に朝日新聞の上毛歌壇に掲載されました。
励みになります。ありがとうございます。


FullSizeRender.jpg


急に暖かくなって鯛釣り草が開花!愛らしく揺れています。

FullSizeRender.jpg

卯の花も可憐。

FullSizeRender.jpg


「ウサギの尻尾」という草の種を水につけておいたら芽が出てきたよ〜。

FullSizeRender.jpg


FullSizeRender.jpg


イチゴジャムも完成〜!

FullSizeRender.jpg
posted by naejo at 11:38| Comment(4) | TrackBack(0) | 短歌