2016年05月08日

サーカス

IMG_9066.JPG


道化師の目の冷たさに母の手を強く握りぬサーカスの小屋


写真提供 goma_143 さん( instagram より)


ゴールデンウィークの間にSNS上でサーカス小屋の写真をupされているかたがいて、
一瞬にして胸の中に、少し哀しくて少し恐いよう懐かしいな気持ちが広がった。
子供の頃、私が住んでいた田舎にもあの縞々模様の屋根の
テント小屋が出現してサーカスがやって来たのだった。
もちろん親にねだってワクワクドキドキしながら連れて行ってもらった。

大きな丸い檻の中を猛スピードで走るバイクや空中ブランコ。
ヒラヒラした衣装のお姉さんがブランコに掛けていた足を離して、
空中を飛ぶ度に母の手をきつく握ったような気がする。
そして曲芸をする動物も、金魚を飲んでは出す人間ポンプも見せ物小屋も、
何より戯けていても笑っていない道化師の洞窟のような目も、
物悲しい思い出となっている。
今思えばタブーのオンパレード的なところもあったような、、、。
昔のサーカスとはそういうところだったのだと思う。

現代のサーカスはもっと進化して哀愁など無いのかもしれないけれど。
お写真がとても素敵で綺麗で忘れていた心の奥の思い出が浮き上がりました。
goma_143さん、ありがとうございました。
元の画像もupします。


FullSizeRender.jpg



ムラヲとシマヲも元気です。


暖かくなったので洗いました。水もしたたるいいオトコだよ〜。

FullSizeRender.jpg


IMG_8938.JPG


posted by naejo at 22:17| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

2015年08月06日

最近の出来事

残暑お見舞い申し上げます。
群馬県では連日40度近い猛暑です。
苗の会のお稽古も明日のお稽古で夏休みに突入です。
そして明日からは群馬教育書道展が開催されます。
皆様、是非ご参観下さい。

ブログ更新はすっかり滞ってしまいましたが、
お稽古と活動の様子をご報告!

苗の会、JA書道コンクールのお稽古

IMG_3767.JPG


IMG_3972.JPG


IMG_3970.JPG


先日は本部より花火のプレゼントをいただきにっこり!

IMG_3755.JPG


8月の定例歌会

FullSizeRender.jpg

各自の歌の鑑賞と意見交換。
不思議というか、当然なのか歌の題材や表現方法で個性が確率されてきています。
各自の心情や日々の様子を垣間みることが出来て共感や発見が盛りだくさん。
思わず胸が熱くなるような素敵なお歌があり勉強になります。


今回は各自も好きな歌人の歌を持ち寄り、その理由を語る!
という勉強もありました。
その理由をお聴きしているうちに、
その歌人のお歌を鑑賞してみたくなりました。


FullSizeRender.jpg

師匠の後ろ姿、KOKI Tシャツが男前です。


そしてニャンコも元気です。
昨年、ほぼ日の企画にてムラヲの絵を書いていただきましたが、
http://www.1101.com/nitetai/index.html
先日、TOBICHIにて展示会があり前夜祭では、
作者のえつこミュウゼさんにお会いしました。
(糸井さんとブイヨンちゃんもご登場)

IMG_4013.JPG


姿、形だけでなく性格も描く絵は楽しく素晴らしかったです。
にて隊員のグッズにはムラヲバッジも販売され、
絵も届いてムラヲ氏、お喜び!

IMG_3678.JPG


IMG_3932.JPG


そんなこんなの暑くて熱い夏!
本日の私自身のお稽古では隷書の書き方。
これがもう、楽しかった〜。
今までにない運筆で波磔( ハタク)はもちろん、
終筆を「止め」ないって衝撃です。
夏の課題は1日1首と、隷書、曹全碑(そうぜんひ)の臨書。
がんばりまーす。
posted by naejo at 00:23| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2014年01月01日

謹賀新年

明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。
昨日から今日にかけて続いているはずなのに、
風も空気も何となく清々しい元旦の朝。


恒例の宮子神社に初詣に参りました。

写真 3.JPG


昨年を無事に遅れた事と本年の健康を祈願しました。
これも毎年恒例。


その後、青空の広がる穏やかな朝を冬の植物観察をしながら帰りました。

写真 4.JPG


写真 5.JPG


写真 3.JPG


写真 5.JPG


写真 2.JPG


写真 3.JPG


カラカラに乾燥した紫式部の実やカラスウリ、ニラの花も美しい造形美。
黒い種が沢山詰まっていて、春に大地に落ちて芽吹くのを待っています

写真 4.JPG


写真 1.JPG


素晴らしい香りの蠟梅。
薔薇の花もひっそりと咲いています。


そして、冬のニャンコ観察。
愛想のいい三毛ちゃんがゴロゴロと挨拶してくれました。

写真 1.JPG


写真 2.JPG


いつも疾風の如く畑を駆け回っている白黒ちゃんと、後ろに兄弟の黒ちゃんもいました。

写真.JPG


マンションの窓からワンちゃんもご挨拶。

写真 1.JPG


そんなこんなの通常モードで2014年もスタートです。
日々の変化にも敏感に、平凡な毎日も丁寧に暮らしてゆこうと思います。
どうぞよろしくお願い致します。


苗の会のお稽古も来週から通常通りスタートします。
第一週は各曜日、書き初め大会を開催いたします。

写真 4.JPG








posted by naejo at 20:56| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2013年10月06日

中之条ビエンナーレ

本日は中之条ビエンナーレに行って来ました。

http://nakanojo-biennale.com

まずは中之条の商店街周辺から見学。
IMG_5524.jpg

IMG_5527.JPG

IMG_5533.JPG

IMG_5530.JPG

IMG_5537.JPG

IMG_5545.JPG


2010年に六合村と合併したので本日は六合村ゾーンまで行ってみましたが、
町内とは思えない距離〜〜。車で1時間かかりました。

IMG_5557.JPG

IMG_5564.JPG

IMG_5572.jpg

IMG_5573.JPG

アートも面白いですが新たな発見もありました。
戦争中に鉄鉱石を輸送する為、長野原から太子までをつないだ太子線。
1945年から1963年の鉄山閉山後の1971年に廃止された太子駅。
今回、初めてこの駅の歴史と存在を知りましたが、
現在は駅の施設の一部のみが残っています。
IMG_5558.JPG

IMG_5553.JPG

季節に取り残された蝶がふわりと舞い降りて野の花にとまっておりました。
IMG_5554.JPG

200年前に建てられた「湯本家」
幕末の蘭学者、高野長英を匿った「長栄の間」が残されております。
IMG_5589.JPG

IMG_5588.jpg

斜面に立っている事もありますが、なんと3階建ての土蔵造りの家です。
この家の中にもアート展示されており中に入る事が出来ます。
むき出しの梁は200年の歳月、この家を支えて来たのかと思うと、
家そのものに何か宿っているような重みが〜〜。

「湯本家」のまえにとまっていた、すすきのバッタ。
これはアーチストさんではなく、六合村の方が作ったものだそう!
IMG_5591.JPG

集落の中のあちこちで見かけるこの小さな小屋は何かと思えば「ゴミ置き場」でした。
村の雰囲気を壊さない、粋な計らい!
IMG_5587.JPG

新たな発見もたくさんあり、紅葉の始まる美しい集落の散策を楽しみました。
10月14日まで開催中です。
IMG_5579.JPG

IMG_5581.JPG

IMG_5586.JPG

IMG_5584.JPG

IMG_5593.JPG








posted by naejo at 22:03| Comment(10) | TrackBack(0) | 日記

2013年08月15日

四万川

写真 1.JPG


せせらぎを素足に遊び高き空 見上げるかなた鳶(とび)の舞ひ飛ぶ




先日実家の近辺を散策し、
四万川の甌穴群のある河原に降りてみた。
甌穴とは、川の渦巻き状の流れにより石や砂が同じところを回り、
川底の岩盤と接触して浸食されてできた丸い穴。
数万年もの年月を経た自然の産物で、
深いところは水深4mにもなるらしい。


関東地方は連日40度越えの日々が続いており、
いつもはあまり人気の無い川岸に素足で水遊びをする人々もいた。


私が子供の頃、この川の下流は夏の格好の遊び場で、
毎日通い泳いだり沢ガニを捕ったりした。
今は川で泳ぐ子供はほとんどいないらしい。
危険だからだろうか。
川は冷たくて変化があって楽しいのに。


私も思わず靴を脱ぎ、素足を浸し束の間の涼を堪能しました。


写真 2.JPG


写真 1.JPG


写真 2.JPG


写真 3.JPG


写真 5.JPG


写真 4.JPG




ニャンコも暑くて転がってばかり。

写真 1.JPG


写真 3.JPG


写真 2.JPG

お目めぱちくりん。

posted by naejo at 08:57| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記