2014年03月17日

多胡碑・第11回群馬書作家展

ようやく春らしくなりました昨日、
多胡碑・第11回群馬書作家展に行ってまいりました。
前橋書道会会長の長瀬沙炎師匠が出品と
席上揮毫をされるので参観いたしました。

まずは多胡碑記念館へ。
写真 3.JPG

写真 4.JPG

写真 1.JPG

写真 2.JPG

写真 3.JPG

多胡碑記念館に行くのは2度目。
1年に1度、扉を開けるそうですが(普段はガラス越し)
今年は2度、9日と昨日の16日に特別に開帳されておりました。
日本の3大古碑で上毛カルタでおなじみの多胡碑ですから、
これは見ておきましょう!!大陸的なおおらかな楷書です。

写真 1.JPG

写真 2.JPG

記念館の中には多胡碑の説明と拓本、
レプリカによる拓本体験もできます。

中には「敦煌」の舞台にもなった、
独自の言語を作ろうとした国「西夏」の西夏文字の拓本もありました。
ロマンですな〜。

そしていよいよ師匠の席上揮毫の会場である吉井文化会館へ。

1部から4部まで4名の先生方の揮毫が行われました。
通常、静かなところで集中して行われる書作品作りですから、
このような大勢の観客の皆さんの前で書くのは大変な事だと思いますが、
各先生方、さすがに着々と作品を仕上げていかれました。
日頃は拝見できない、
仮名、詩文、墨象の先生方の揮毫を拝見できて勉強になりました。

さて、長瀬先生の揮毫です。
写真 1.JPG

写真 2.JPG

写真 1.JPG

写真 2.JPG

写真 3.JPG

写真 4.JPG

今回の「第11回群馬書作家展」の寄せる自詠の漢詩など
3×8、2×8作品を4作品を書かれました。
師匠お疲れさまでした。かっこ良かったです!

そして・・・お手伝いの皆さん、すたこらさっさ〜〜!
写真 1.JPG

写真 2.JPG

こちらもお疲れさまでした!

















posted by naejo at 13:57| Comment(5) | TrackBack(0) | 書道
この記事へのコメント
苗さん

大変お世話になりました。
ありがとー。
何だか良い気持ちになっちゃって
調子づいて書いちゃいました。
苗さんも如何でしょ?
やや癖になりそう!
お世話になりました。
Posted by 沙炎 at 2014年03月17日 22:58
師匠、
お疲れさまでした〜。って、疲れてないですか!?
やっぱり癖になりそうですか〜〜、さすがです!
私たちも先生が書くお姿はお稽古時に拝見させてもらっておりますが、あれだけ大きいサイズの紙は滅多に見られないので、素晴らしかったです。

私は棒を持つので充分でございます、はい!(キッパリ)
Posted by 苗女 at 2014年03月18日 16:40
そそ、最初こそややキンチョ〜ルですけれども、書き進むにしたがって、調子こいていくんですよ。
んでもって病み付きぃ〜〜〜。

んだもんで、ポチ子先生のように上手い方がそうなるのはええんですが、屁竜飛なやつがそういう状態になると、もう公害をまき散らすようなもんですね。

そういうのが、多いんですわ、最近(>_<)
Posted by 大五郎 at 2014年03月26日 15:24
大五郎先生、お久しぶりでございます!
先生も最初はキンチョールだったのですか?!
何時ぞやの天来書院の台風の夜の生放送揮毫、楽しかったです。

大五郎先生や師匠の揮毫は見ていて、うっとり〜〜ですが、
そうでない方は痛々しくなりますよね〜、、怖いですね〜。
私なんて想像しただけで血圧上がっちゃいます!!





Posted by 苗女 at 2014年03月27日 09:51
あらぁ〜〜〜!!
大先生!お久でございます!

先般<席上揮毫>なんてもんをやらされますた。
調子こいて書いてしまいました!
面目次第もありゃぁ〜しません!
精進!精進!!ありがと〜ございました!
Posted by 沙炎 at 2014年03月28日 01:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/90640021

この記事へのトラックバック