2016年05月08日

サーカス

IMG_9066.JPG


道化師の目の冷たさに母の手を強く握りぬサーカスの小屋


写真提供 goma_143 さん( instagram より)


ゴールデンウィークの間にSNS上でサーカス小屋の写真をupされているかたがいて、
一瞬にして胸の中に、少し哀しくて少し恐いよう懐かしいな気持ちが広がった。
子供の頃、私が住んでいた田舎にもあの縞々模様の屋根の
テント小屋が出現してサーカスがやって来たのだった。
もちろん親にねだってワクワクドキドキしながら連れて行ってもらった。

大きな丸い檻の中を猛スピードで走るバイクや空中ブランコ。
ヒラヒラした衣装のお姉さんがブランコに掛けていた足を離して、
空中を飛ぶ度に母の手をきつく握ったような気がする。
そして曲芸をする動物も、金魚を飲んでは出す人間ポンプも見せ物小屋も、
何より戯けていても笑っていない道化師の洞窟のような目も、
物悲しい思い出となっている。
今思えばタブーのオンパレード的なところもあったような、、、。
昔のサーカスとはそういうところだったのだと思う。

現代のサーカスはもっと進化して哀愁など無いのかもしれないけれど。
お写真がとても素敵で綺麗で忘れていた心の奥の思い出が浮き上がりました。
goma_143さん、ありがとうございました。
元の画像もupします。


FullSizeRender.jpg



ムラヲとシマヲも元気です。


暖かくなったので洗いました。水もしたたるいいオトコだよ〜。

FullSizeRender.jpg


IMG_8938.JPG


posted by naejo at 22:17| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
ピエロの目って笑ってない!
パンダも笑ってない!結構コワッ!(>_<)

サーカス、地方周りの芝居・・
楽しさより哀愁が先立ちますね。


芝居の人気役者さんが近くの食堂で
素顔で食事などしている姿は、幼心に哀しかった!何故なのでしょう!
旅から旅への浮草のようなイメージだったのでしょうかね!(T_T)

Posted by 沙炎 at 2016年05月16日 18:04

哀しいような恐いような、、、私が子供の頃にはそういう思い出は案外多かったように思います。

サーカスも旅芸人もその裏で背負っている、暗さや哀しさを感じ取ってしまうのでしょうね。
子供のほうがそういうものに敏感だったりしますよね。


いまの世の中は全てに光があたってキラキラしていますね。
それはそれで恐いな〜。


Posted by 苗女 at 2016年05月16日 23:46
シームーちゃんもママも私の癒しですから
深入呼吸でセロトニン増やしてね&#9829;

Instagramでいつも元気もらってすから〜〜&#9829;
Posted by かおりん at 2017年03月30日 12:53
かおりんさん、ありがとう!
春って体調を壊しやすいのよね(涙)
深呼吸、大事よね。ムーシーとまったりして、
すっかり良くなりました。

かおりんさんはお花見したかな?
こちらは只今、満開で綺麗よ〜〜^^
Posted by at 2017年04月13日 14:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/175219625

この記事へのトラックバック