2015年10月25日

第一回 日本中国青少年書道展

10月23日〜10月25日
群馬県庁県民ホールにて「第一回 日本中国青少年書道展」が開催されております。
IMG_5622.JPG

IMG_5625.JPG

本年度の群馬教育書道展出品者、約2万名からの上位50名、
上海からも2万6千名からの上位50名、
あわせて100名の展示です。
苗の会からも2名が出品させていただきました。
IMG_5618.JPG

IMG_5616.JPG

日中友好事業の一環としての今回の展覧会では、
上海より6名の児童が群馬まで来られたそうです。

中国の子供達の作品
IMG_5617.JPG

IMG_5619.JPG

日本では「子供らしく、溌剌と、太い線で!」
という作品が好まれる傾向にあるようですが、
中国では子供も大人同様、古典臨書をして書く詩文も李白や杜甫。
楷書、行書から草書や隷書、篆書もあり指導の違いを感じました。

24日の昨日は表彰式が開催されました!
IMG_5655.JPG

IMG_5646.JPG

中学2年生のYさん!お祝いに駆けてけてくれたグンマちゃんとぱちり!
良い笑顔です!この後、ロイヤルホテルにて祝賀会。
お母さんもご参加、ありがとうございました。
IMG_5662.JPG

色々なドラマのロケ現場になっている昭和庁舎。
この日も「花燃ゆ」効果で賑わっておりました。
IMG_5615.JPG

前橋書道会の塾長も何名か受付のお手伝いをさせていただきました。
群馬観光協会の皆様、日中友好協会の皆様にもお世話になりました。

本日5時まで開催されております。






posted by naejo at 13:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 書道
この記事へのコメント
お疲れ様でした。

やはり仰せの通り指導の視点が全く違いますね。
また中国側は筆法に粘着性があり遅筆で筆管を
直として書いて居る様子が線状からわかります。

日本ももっと古典に踏まえた書写教育が
なされて然り!と思いました。
やはり<寺子屋>ですね!(我田引水!)
Posted by 沙炎 at 2015年10月25日 23:12
師匠、お疲れ様でした。
皆さんにお世話になり、色々な方のお話を伺うのは見聞が広がり、楽しいひと時でした。

参観者で、日中の差について同じような意見を持った年配の方もいらっしゃいました。少し過激でしたが、全てにおいて日本は物事の思考や判断ができなくなっいると。

子供は子供らしく!とか、そもそも子供らしくとは、大人が勝手に決めている事ですよね。
ただ、個人差は当然ありますから、
やっぱり寺子屋!良いですね。

Posted by 苗女 at 2015年10月26日 16:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/166433852

この記事へのトラックバック