2014年09月07日

写真 1.JPG


真夜の海雨を静かに受け止めよ 私の心のざわめきもまた


八月の終わり頃、熱海にお引っ越しされた知人の誘いに甘えて、
友人と二人、新居にお邪魔した。
マンションの5階の窓から広がる一面の海は遠くに初島を望み、
素晴らしい絶景。


それにしても、毎日目覚めると海を見渡せるとはなんて素敵なのだろう。
青空の下の明るい海も、少し荒れている海も、
静かに雨を受け止める夜の海もいい。


私の心も雨が降っても静かに受け止め、やがて凪ぎに戻る海を持ちたい。
海はやはり人をロマンチックにさせる。


知人のご家族の温かい歓迎をうけて、忘れがたい夏の思い出となった。
海のような広い心を持つ彼女とご家族が、この地を新居に選んだ理由が、
少しわかった気がした。


その日3人で駅から美術館までバスで行きましたが、
今日、ポケットからその時の整理券が出てきて、
楽しかった思いが蘇りました。


写真 2.JPG


この夏の思ひ出とせむポケットに忘れ去られしバスのチケット



posted by naejo at 22:57| Comment(2) | TrackBack(0) | 短歌
この記事へのコメント
私の歌友がやはり熱海に別荘をお持ちで
一度伺いましたが180度伊豆の海が
眺望されそれはもう・・別世界!

こんなところにお住みならば心中常に
穏やかでしょうね!塵外有別天地!まさにこれですね!MOA美術館もすぐ近くでそれはもう現実から程遠い世界でしたよ!

素晴らしい環境・・・・
佳い思い出になりました!

  見遥かす熱海の海は耀きて
       揺蕩(たよた)ふ心鎮め横たふ

       
Posted by 沙炎 at 2014年09月11日 10:25
師匠、群馬県人からすると海の見えるところで
暮らすことは、永遠の憧れですね〜。

人知ではどうすることも出来ない海は、
途轍もな恐怖でもあるし、それだけに己の小ささを
知り人間も謙虚であるべきだと思いました。
私も行動範囲が狭かった今日この頃ですが、
身も心も伸び伸びしました。

バスの整理券はMOA美術館行きのチケットです。
こちらも絶景でした〜!
Posted by 苗女 at 2014年09月11日 19:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/103345223

この記事へのトラックバック