2014年09月28日

石飛博光先生講演会を拝聴しました!

本日は群馬書道協会主催の石飛博光先生の講演会を参観致しました。
石飛博光先生と言えばNHK「趣味悠々」への出演や、
映画「書道ガールズ」の監修等で、
ご存知の方も多く、著作も多いのでここには記しませんが、
やはり、百聞は一見にしかず!で眼前での揮毫には目を奪われる事多大。
揮毫を交えた講演は、書もお話も自在で飾り気のないユーモアと、
書の技量で参加者の心を魅了しておりました。

写真 1.JPG

古典臨書から近代詩文まで惜しみなく沢山の作品を揮毫され、
束の間の2時間半でした。
隷書、木簡、像造記、雁塔聖教序、そして近代詩文へ。

写真 3.JPG

写真 4.JPG

写真 3.JPG

写真 5.JPG

写真 4.JPG

次々に繰り出される作品にはため息と拍手が沸き起こりました。

そして、特に問われるように心に響いたのは、

「書は文学と深く絡み合っている」
「良い作品とは生きた作品である」

という言葉。
これは解っているようで、後回しにしてしまうことも多い。
古典の臨書にしろ、漢詩にしろ、近代詩文はなおさら、
その内容を文学的に理解し消化しなければ表現は出来ようもないし、
さらに魂の宿った生きた作品でなければならない。
再度、創作への姿勢を考えねばというお話でした。

揮毫作品の中に「あ」ばかりを沢山書かれた作品がありましたが、
これも面白く、仮名交じり作品創作の訓練になるのではないか。
タイミング良く前橋書道会の10月の課題は、
山頭火の句と渡辺水巴の句。
我が塾でも、自分も含め塾生も仮名一文字に感情をのせて、
表現するお稽古をしてみようと思う。

写真 2.JPG

先生の講演をお聞きして「帰ったら筆を持とう!」
という気にさせてくれる話術で、とにかく楽しい一時でありました。
帰りに先生の著作を2冊購入して帰りました。
サイン会もありましたが時間が無くて断念。

写真 5.JPG

写真 5.JPG

ありがとうございました!!!
posted by naejo at 00:53| Comment(6) | TrackBack(0) | 書道