2014年08月15日

地球儀

写真 2.JPG


青春はため息混じりの日々ばかり からり回しぬ古き地球儀




子供の頃、嫌な事があると地球儀を見て、
世界は広い!自分の悩みなどちっぽけなものだ、
と思うことにしていた。
と言っても子供の悩みなので、
「髪の毛を刈り上げすぎた」とか、
中学に上がると「部活でしごかれた」とか、
可愛いものだったけれど。


そういえば、私の子供の頃は、
陰湿ないじめなどはほとんどなかった。
田舎のせいもあるかもしれないが、
ガキ大将的ないじめっ子が、
毛虫をつまんで投げるくらいなもので、
今はそんな古典的なことをする子供などいないのだろうか。
そのガキ大将は小学生のころはそんなことばかりして、
皆から恐れられていた、、、w


しかし、中学に入り私が少し長い間、学校を休む事情が有り、
休み明けにすっかり遅れた英語の授業で、
教科書を全く読む事が出来ず、
先生からこっぴどく怒られていると、
おもむろに、その教師に
「休んでたんだからしょうがねえだろ〜〜」
と抗議したのだった。
その頃から、そのガキ大将は子供時代の罪滅ぼしなのか、
反骨精神を持つ、皆に優しきリーダーになっていった。


それは「成長」というものなのだろうか。


私も成長と共に地球儀を回すことは少なくなったが、
青春時代のやるせない悩みを抱えた時も、
「自分の見ている世界は小さい」という考えには助けられた。
今でも、色の褪せた地球儀を見ると懐かしく、
少し苦しい気持ちになるのだ。




余談だが昔、大人達が現在のロシア連邦を「ロシア」と言うのを聞くと、
ふっる〜!!と思ったが、(その頃、ソビエト連邦だったのだ)
私は現在、つい「ソ連」と言ってしまい、今の子供達は、
ふっる〜!!と思うのだろうなぁ。
私の地球儀には「ソビエト社会主義共和国連邦」と明記してある。
現在もこの辺りは混沌とした社会情勢にあり地図の変化も多い。


私の地球儀も時とともに、古地図となり感慨深い。



さて、八月も後半に突入!残暑を乗り切ろうにゃ〜!!


写真 2.JPG


写真 1.JPG



posted by naejo at 16:03| Comment(2) | TrackBack(0) | 短歌