2014年05月03日

サクラティー

写真.JPG


葉桜となりて今年も春は征く サクラティー淹れ時を見送る




群馬では桜の季節が終わり、
今はハナミズキの街路樹が満開となり街を彩っている。
ゴールデンウィークの今日も日中は夏日だが、
湿度が低いのか爽やかさこの上ない。
万物が輝くこの季節を戴いたサクラティーを淹れ満喫する。




先日、池袋から上野へ書道展参観に行ってきた。
日暮里の駅で降り立ち、谷中霊園を抜けると、
そうそうたる歴史上の人々のお墓があり、思わず見物!


この集まりは、徳川慶喜公。塀の中には入れませんが、
皆さん門(?)の外から見ておりました。

写真 3.JPG


写真 4.JPG


このおじさんは一般人ですがたくさんの資料を持参して見物人に説明。
これは「葵の御紋」について熱く語っている最中。
これぞ「墓マイラー」ですね。

写真 5.JPG


あ、あ、ありました〜!「橋 お伝」の墓!

写真 2.JPG


しかし、ここには遺骨は無いとのこと。
「毒婦」と言われても実際は刺殺でなかなか気の毒な身の上。
今なら、死刑まではならなかったでしょうね。
ここにお墓があるのは、お伝の芝居や噺が当たったので、
歌舞伎役者や噺家が寄付者となり谷中霊園に建立されたそう。
同じ群馬県人、こんどはお線香でも立ててこよう〜〜。



書仲間のお二人、お疲れさまでした。
楽しかったです。
ありがとうございました。


写真.JPG




posted by naejo at 18:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 短歌