2014年04月26日

読書

写真 2.JPG


江戸市井(えどしせい)人情話に癒されぬ 時代小説読みしベランダ



写真 1.JPG


詠み終へし桜庭一樹のインモラル 罪とは何ぞ裁くは誰ぞ


冬の夜長に読書は冬の楽しみでもあるが、
ふと、本屋さんで手にとった桜庭一樹の
「私の男」という小説が面白くて一気に読んだ。
本能に背いたインモラルな愛。その罪とは?そしてそれを誰が裁くのか?
と色々考えさせられた。
サスペンスと少しホラー要素もありかなりドロドロしていてた。


そして最近はその反動か、
殺人もサスペンスも無い時代小説ばかり読みはじめた。
現代と違って世の中のことが色々解明されていないとは、
人を謙虚にするのかもしれない。
色々な物に神様がいたり、言い伝えやことわざを守らないとバチが当たる、とか。
今も森羅万象、解明された訳ではないだろうが、
そんな江戸市井を描いた小説も春の穏やかな風の中で読むのは心地良い。


宮部みゆき 三島屋百物
高田 郁 みをつくし料理帖
中島 要 着物始末暦
すべてシリーズ




今年も小庭に鯛釣り草が咲きました。
紫陽花も蕾をたくさん付けている。

写真 2.JPG


写真 1.JPG


ムーちゃん、今年も「氷」始めました!

写真 5.JPG


今日は暑かったもんね。




posted by naejo at 20:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 短歌

2014年04月21日

民話

写真.JPG


忘れ得ぬ民話のありて春の夜は 木々の梢に時は留まる




少し暖かくなる春の夜は、冬の固くなった体も気持ちも緩りと解けてゆく。
木々のさざめきも優しくなり子供の頃に聞いた民話を思い出した。
単純だけれども懐かしくて温かい物語。
春の夜には少し優しいおとぎ話を読むのにはもってこいだ。




子供の頃「科学」と「学習」という本をとっていた方は多いと思うが、
私も小学生のときにとっていた「学習」のふろくに、
「三枚のお札」という民話朗読のソノシートが付いておりまして、
ソノシートはとうの昔に失くしましたが、
そのお話はずっと忘れられませんでした。
何故なら決めの台詞に子供の大好きな台詞がありまして、、、w
ソノシートを聴く度に、友達や兄と笑い転げたのです。
そして先日、その台詞で検索してみたらYou Tubuで簡単に発見!
タイトルも忘れていたのに凄すぎる〜〜!

しかも朗読は宇野重吉さん。上手い!
昔話は、おじいちゃんかおばあちゃんに限る。
と言う事で凄い世の中ですね。



朗読といえば、岸田今日子さんの朗読で、
凄く面白い話を聞いた気がして、
てっきり、井伏鱒二の「山椒魚」だと思い込んでいたが、
こちらは検索しても出てこないので、宮沢賢治だったかもしれない。


好きだった絵本「トン子ちゃんのアフリカ冒険」
もアマゾンで検索して中古で買えた。
いやはや、しかし記憶の中の断片が現実となるのは、
少し寂しさもあったりする。




昨日は東博に風神、雷神を見に行って来た。

写真 1.JPG

あまりに有名な作品だけに実物を見て感激しましたが、
スケールが大きくてもっと引いて見たかった、、、。


その他、作品 No119 毘沙門天立像 (13世紀 京都・霊源院) が素晴らしかった。
作品No72 中巌円月坐像の体内から発見され、小振り(37.5cm)ながら迫力満点!
少し体重を左に移動させて立ち、珍しく水晶玉を持つ毘沙門天でした。


そして、谷中の「朝倉彫塑館」へ。
4年にわたる改修工事が終わったようだ。
朝倉文夫の彫刻は温かく柔らかい。
住まいとアトリエでもあった建物は庭園も素晴らしく、
屋上庭園からの上野を一望できる景色も見所。

写真 3.JPG


お約束の夕焼けだんだん。
街のシンボルのニャンコもしっかりお・も・て・な・し!

写真 2.JPG


なんと、うちにも風神雷神の手作り屏風(トウちゃん作)があります!!

写真.JPG






posted by naejo at 21:38| Comment(6) | TrackBack(0) | 短歌

2014年04月19日

四季の移ろひ

写真.JPG


穏やかな四季の移ろひ今はなく コートを脱ぎし今朝は初夏(はつなつ)



この季節は大体何を着て良いものか悩むのが常で、
出かける際に「着るものがないのよね〜」などと言うと、
夫から、クローゼットからはみ出しているアレは「着る物」ではないの?
と言われそうなので「着る物はあるんだけど着たい物がないのよね〜〜」
と言う事にしている。


しかし今年は寒い季節からスパッと線を引いたように暑い日々となった。
一日の内でも、朝は厚手の長袖で日中は半袖という具合。
この間は昼前のコンビニでダウンコートの人と
半袖に短パンの人を同時に見かけた。


これだと情緒もないし体にも良くないので、
「着る物」に悩むほうがいいかな、と思わないではない。




今日の散歩は寒くて早めに引き上げたけれど、
散歩道の三つ又や木蓮はいつも通り、
文句も言わず綺麗に咲いておりました。


写真 1.JPG


写真 2.JPG


写真 3.JPG





posted by naejo at 17:39| Comment(4) | TrackBack(0) | 短歌

2014年04月18日

カメリアの朱

写真.JPG


曖昧な生き方なるや我が日々は カメリアの朱(あか)きっぱりと咲く



大人になるにつれ日常には、あまり白黒を付ける事がなくなり、
何となく曖昧に波風を立てない、
というのが何時からか処世術のようになっている。
そんなモヤモヤとした気分になるのも、
この春のホコリっぽい風のせいもあるのかもしれない。


などと感じていたところ、この真っ赤な椿が目に入った。
なんと鮮やかで、完璧なフォルム!
モヤモヤとした気分も少しはスッキリとした。


写真.JPG


それにしても山茶花と椿の違いを見分けるのは中々難しい。
山茶花は花びらが一枚づつ散るが、椿は花ごとポトリと落ちる。
この写真の花は散っている花があまり無く、
判断しかねたので勝手に「椿」としました。
カメリアのコサージュもよく見かけるが胸元に付けたくなる美しさだ。



本日は雨模様で少し寒い。ニャンコもぼんやり。

写真 1.JPG

コーヒー早く来ないかな〜、的な。





posted by naejo at 18:37| Comment(2) | TrackBack(0) | 短歌

2014年04月17日

写真 1.JPG


夜桜は千鳥ヶ淵を舞台とす ひと夜の夢か我もヒロイン




今年は寒さが長引いて桜の開花が遅れるのではと想像したけれど、
季節は帳尻を合わせるように急に暖かくなり桜がいっせいに開花した。
その頃ちょうど千鳥ヶ淵の桜を見る機会を得た。
皇居のお堀の水辺に舞う桜とあの石垣は美しく歴史を感じるが、
それだけに見物客が多くて「片側通行で立ち止まらないで下さい」と
交通整理されていて現実に引き戻される、、、。


それでも夜は人の波も落ち着き、
夜桜はほんのりと千鳥ヶ淵を花明りで明るくしている。
漫ろ歩く女性はまるで桜の舞台に立つようだ。
いっそ、自分もそんな気分で楽しもう。


写真 2.JPG


君の声ふと耳に入り振り向きぬ 桜の花の戯れなるや




写真 1.JPG


写真 4.JPG


写真 3.JPG



ニャンコも春を満喫!


手蓑に収まってみたり〜

写真 2.JPG


昼寝につきあったり〜

写真.JPG


水遊びしたり〜

写真 1.JPG


ポットから直飲みしたり〜

写真 2.JPG

おまえはラグビー部かっ!



posted by naejo at 10:06| Comment(2) | TrackBack(0) | 短歌